CBDリキッドはドンキホーテで買うと失敗する?値段を比較すると意外な結果が。。。

CBDリキッドはドンキホーテより公式サイト!なんたって値段に差がありすぎ

日本国内でも愛用者が徐々に増加しているCBDリキッドは、数多くのメーカーが販売していますが、中でも人気を集めているのが「プラスウィード(+weed)」です。

+weedは、日本製の高品質なCBDリキッドを展開するCBDブランドで、海外製のものとは異なり日本人好みのフレーバーであることが人気を集める要因のひとつとなっています。

このプラスウィードですが、現在は公式サイトの他に、一般的な通販サイトでも購入できるようになっています。

加えて、大手量販店ドンキホーテでも購入可能です。すべての店舗で取り扱っているわけではありませんが、電子タバコや加熱式タバコが充実している店舗であれば、高い確率で+weedも販売されています。

生活圏内の中に+weedを扱っているドンキホーテがあれば、普段の買い物のついでに+weedを購入することができるため、手軽に入手できるでしょう。

しかし、+weedをこれから使いたいという方は公式サイトで購入するのがおすすめです。

公式サイトでもドンキホーテでも、同じような価格で販売されていますが、公式サイトの場合は10,000円以上の購入で送料が無料となることに加えて、代引きでの支払いを選択した際の代引き手数料も無料になります。

さらに、次回の購入から使用できるポイントが付与されるポイントバック制度があるため、継続的に利用する場合は公式サイトで購入したほうがお得です。

また、24時間いつでも注文できますし、問い合わせ体制も万全なので、+weedは公式サイトを利用して購入することをおすすめします。

ドンキに売っているのはCBDオイルではない!電子タバコで気化させて吸入摂取するタイプ

ドンキホーテでは、店舗によってはプラスウィード(+weed)以外にも複数のブランドのCBD(カンナビジオール)製品を取り扱っていますが、基本的にドンキホーテで売られているのはCBDリキッドとなります。

現在、CBD製品は数多く存在しますが、その中でも主流となっているのがCBDオイルとCBDリキッドです。

CBDオイルは、舌に直接に垂らしたり、食べ物や飲み物に混ぜたりして経口摂取するタイプです。

一方のCBDリキッドは、電子タバコで気化させて吸入摂取するタイプで、喫煙する感覚でCBDを摂取します。

これらは、どちらも摂取することでリラックス効果などを得ることができる点では同じですが、摂取方法が異なるため注意が必要です。

CBDリキッドをオイルのように経口摂取しても特に問題は起こらないでしょうが、CBDの吸収効率は著しく低下するため、経口摂取したいのであればきちんとオイルを購入するようにしましょう。

一方で、CBDオイルを電子タバコで気化させると人体に悪影響が及ぶ恐れがあるため、オイルをリキッドのように使用してはいけません。

なお、CBDは日本の法律でも認められている成分なので、CBS製品は合法的に使用することが可能ですが、中には日本では違法な成分が含まれている製品も流通しているため、購入する際は信頼性の高い店舗で購入することが大切です。

大手量販店であるドンキホーテでは、違法な成分が含まれている製品は販売されてはいないでしょうが、それ以外の実店舗や公式サイト以外の通販サイトで購入する際は注意しましょう。

ドンキに売っているCBDリキッドとは?様々なフレーバーが付いているため好みの味を選択できる

上記した通り、ドンキホーテに売られているのはCBDオイルではなくCBDリキッドです。

CBDリキッドとは、ヘンプ(産業用麻)の茎や種から抽出されたCBDをPG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)などの液体に溶かしたものを指します。

舌に垂らしたり飲食物に混ぜて摂取するCBDオイルとは異なり、摂取するにはヴェポライザー(通称VAPE)という電子タバコが必要です。

ヴェポライザーのアトマイザーという部分にリキッドを注入し、スイッチを入れることでタバコと同じように吸引できるため、喫煙者にとっては気軽にCBDを摂取できる方法と言えるでしょう。

また、タバコを吸うように手軽に吸引できるリキッドですが、オイルと同じようにリラックス効果・ストレス緩和・鎮痛作用・不眠症の改善といった様々な効果が得られることが認められています。

加えて、てんかんやうつ病、アトピーなどの症状を緩和する効果も期待できるとされています。

さらに、オイルは苦みや青臭さがあるため好き嫌いが分かれるのですが、リキッドには様々なフレーバーが付いているため好みの味を選択できるという特徴があります。
なお、現在は様々な種類のヴェポライザーが販売されていますが、CBDが配合されたリキッドはニコチンリキッドよりも粘着性が強いため、タバコ用のヴェポライザーで使うと故障の原因となることがあります。

そのため、ドンキホーテなどで売られているCBDリキッドを使用する際は、CBD専用のヴェポライザーを選ぶようにしましょう。

CBD製品にはCBDグミ、CBDペンなど様々なタイプがあるが、CBDリキッドへ切り替えた方が経済的な負担が少ない

現在、CBD製品には様々なものが存在します。例えば、CBDグミやCBDチョコレートなどの製品が販売されています。

これらの製品は、経口摂取するという点ではCBDオイルと同じですが、オイルよりも手軽に摂取することが可能です。

また、グミやチョコレートなどの製品は、CBDオイル特有の苦さや青臭さが軽減されているため、摂取しやすいという特徴があります。

しかし、これらの経口摂取するタイプの製品は、効果の持続時間は長いものの、効果が現れるまでに時間がかかるため、摂取してからすぐに効果を実感することができません。

一方で、CBDリキッドは持続時間は短いものの、肺から直接体内に取り込むため、摂取してからすみやかに血液中に入り込んで全身に運ばれます。

また、摂取した成分が最終的に体内で作用する割合を示す生体利用効率という数値が、CBDオイルなどと比べて高いという特徴もあります。

つまり、CBDリキッドは、経口摂取するタイプの製品よりも即効性に優れており、摂取効率も良いということです。

そのため、CBDの効果をより実感したい場合は、経口摂取する製品よりも吸入摂取するリキッドをおすすめします。

なお、CBDペンという吸入摂取する製品もあります。CBDペンは、専用のヴェポライザーを購入せずに使用できるという手軽さがありますが、継続的に使用した場合のコストパフォーマンスがリキッドよりも悪いです。

そのため、初めてCBDを使用する場合には適していると言えますが、その後も継続的にCBDを摂取したいという場合は、リキッドへ切り替えた方が経済的な負担が少なくなります。

ドンキの中では「プラスウィード」がおすすめ!それぞれの成分が相互に作用し合うため、CBDの効果が最大限引き出される

CBDリキッドは、現在様々なメーカーから販売されていますが、リキッドを利用するのであればフルスペクトラム系の製品を使用することをおすすめします。

フルスペクトラム系とは、ヘンプに含まれる複数の成分が配合された製品のことです。

ヘンプに含まれる複数の成分を配合することで、それぞれの成分が相互に作用し合うため、CBDの効果が最大限引き出されるとされています。

そのため、一般的なリキッドよりも健康へのリターンが大きいとされており、より高い効果が期待できます。

プラスウィード(+weed)の公式サイトでは、カンナビジオール以外にCBDV(カンナビジバリン)・CBG(カンナビケロール)・THCV(テトラヒドロカンナビバリン)が配合されたリキッドが多数販売されています。

そのため、+weedのリキッドは初めて使用する方でも高い効果が期待できるでしょう。

加えて、違法な成分は一切含まれていないため、安心安全に使用することが可能です。

さらに、複数種類のフレーバーから好みのものを選択できますし、他のメーカーよりもコストパフォーマンスに優れているため、フルスペクトラム系のリキッドは+weedの公式サイトで購入することをおすすめします。

また、ヴェポライザー本体がセットになっているキットや、通常価格よりも割安で買うことができる定期購入もあるため、初めて使用する方も継続使用する方もお得に購入できるようになっています。

>>CBDリキッド|ドンキホーテで失敗する前にコチラ!

Cbd