CBDリキッドは「キマる」作用はない!原料となる植物が同じだけど成分が違う

CBDリキッドは「キマる」作用はない!

CBDリキッドのことを調べてみると、何やら怖そうな記事を目にすることがあります。

「使ったらブリブリになる」「やばいくらいキマる」これは本当のことなのでしょうか。

ここで言うブリブリになるとか、キマるはおそらく、精神的に高ぶる状態のことを指すのだと思いますが、果たしてそのような効果はあるのでしょうか。

結論から言いましょう。そんな効果はないです。

CBD(カンナビジオール)と似たような成分に、THC(テトラヒドロンカンナビノール)と呼ばれる成分があります。

この成分は精神活性作用があるので厳しいルールがあり、主に医療現場などで使われています。

これらの成分が世間的に似ているととらえられる理由は、これらの成分を抽出するための原料となる植物が同じだからです。

しかし、CBDは非精神活性成分であり、THCとは違って細かなルールが定められていません。

そのため、ブリブリになるとか、キマるだとか、そんな効果はないわけです。

CBDにはリラックス効果やストレスの緩和、睡眠改善といった良い効果があります。THCには依存性や毒性などの危険がありますが、CBDにはそのような性質はありません。実際にいくつもの論文で論じられています。

合法な取引ができ、どんな人でも簡単に手に入れることのできる

CBDとはヘンプなどから抽出される成分です。

がしかし、どうしてもTHCと横に並べられてしまう場面があり、「CBDは違法なんじゃないか」と心配になる人がいてもおかしくありません。

ですが、この心配は次の一言で打ち消されます。

CBDリキッドはドンキホーテで普通に売られています。

あの大手企業が売るような製品に違法性があったらそれはもう大問題です。

しかし、ドンキホーテは堂々と店内に陳列し、普通に商品として売っています。ということは、ドンキホーテがCBDリキッドには違法性がないと判断しているといえます。

ではなぜそのような判断ができるのでしょうか。

それは、CBDが非精神活性成分であるからです。

精神活性成分であるTHCに関しては法的に細かいルールが定められていますが、CBDにはTHCほど細かいルールがありません。

日常に近いところで例えると、紙たばこが近いです。

紙たばこに含まれているニコチンやタールは依存性が認められているものの、合法な物質として扱われています。

CBDも世界的に同じような位置づけがされています。

そのため、CBDは合法な物質として取引ができ、どんな人でも簡単に手に入れることのできる物質なのです。